ほうれい線 原因

年とともに、気づいたら大変なことになっていたほうれい線。ほうれい線のできる原因は、加齢が1番、若い頃は肌がピンと張っていますが、歳を取るにつれてたるみが出てきます。顔にほうれい線があると、若い人でも老けて見られる原因になってしまいますね。顔の歪みがほうれい線としてあらわれることもあるので、自分でチェックしてみることが大切。

ほうれい線の大きな原因は<顔のたるみ>主に、表情筋など顔の筋力が弱まることで引き起こされます。この表情筋は、普通の筋肉と同じように鍛えていないと、どんどん緩んで、重力に引っ張られるようにして下がってしまいます。年齢を重ねると、胸やヒップが垂れ下がってきますが、これと同じことです。

人間の顔にはたくさんの筋肉があり、それぞれの筋肉によって、目や口などが動かされています。顔の中でも、頬は一番脂肪が付いているので、筋肉がしっかりしていないと垂れ下がって「たるみ」になってしまうんです。頬の肉付きが良い人や、乾燥肌の人などは、ほうれい線ができやすいと言われています。

 <紫外線>にも要注意が必要。 紫外線からのダメージで、ほうれい線のシワが深くなってしまうことがあります。紫外線は、肌の奥の真皮にまで入り込んで、細胞組織を攻撃するのでお肌は、この攻撃から細胞組織を守る為にメラニン色素を作り出し、防御しようとします。そして、ダメージを受けたお肌は修復が追いつかなくて、シワが深くなってきて、その結果ほうれい線がくっきりしてしまうのです。

 <乾燥肌>の方も大変危険です。乾燥しているお肌はバリア機能が低下しているので、紫外線はもちろん、埃や汚染された空気によって直接刺激を受けます。肌は、刺激を受けると上記と同じことが起きます。 また乾燥した肌は、徐々に弾力がなくなってしまい、たるみ、シワ、ほうれい線の原因になってしまいます。

 では、肌の乾燥しやすい人というのはどんな人なのでしょうか。
仕事をしている時にエアコンの風が直接あたる位置にいる人は注意が必要です。乾いた風が直接肌にあたってしまうと、たとえそれが暖房であっても冷房であっても乾燥の原因になります。解っていても職場のデスクの位置がそこしか選択できない場合は、デスクで使える小さな加湿器を使ったり、自宅で保水や保湿を念入りに行うなどの対策を考えましょう。加湿器は、肌の乾燥を防ぐために非常に有効な方法です。ほうれい線の予防と改善のためには、肌を乾燥から守ることが大切です。

その他にも原因がいろいろあるようです。<タバコ>は、体内のビタミンCが破壊され失われるので肌の栄養不足の原因になります。更に不規則な生活習慣や、暴飲暴食などで肌への栄養が不足すると、肌は、はりを失いほうれい線が出来る原因になるともいわれています。禁煙も美容効果をあげる大切な1つですね。

◆職場でのストレス・運動不足にもご用心。ストレスを感じると、体は活性酸素をたくさん出します。活性酸素というのは、体全体の老化に繋がる物質で身体をさびさせ、肌の老化にも繋がってきます。ストレスが溜まると自律神経にも乱れがでて、ホルモンバランスがくずれ、肌の水分調整機能もうまくいかなくなってきます。活性酸素がたくさん出てしまうと、ほうれい線だけでなく、シワやたるみもできてしまうので、できたらストレスを解決していきたいものです。趣味に熱中してストレスを解消したり、趣味のない方は毎日の入浴や睡眠で、心の疲れをとってほしいと思います。

化粧品

カテゴリー: ほうれい線 除去コメント(0)

ほうれい線を消す化粧品