ほうれい線対策

スキンケア

ほうれい線が出来る原因としてよく聞くのは、正しいスキンケアを怠っている為の保湿力不足です。自分では充分だと思っていてもお肌は、思った以上に水分を求めています。よく顔を洗わないで寝ていた私のものぐさへの天罰がほうれい線だったようです。

 まずは、基礎化粧品を見直すところからスタートです。水分力も保湿力も高いものにして、さらに美顔器を併用すれば、美肌成分の浸透力も高まるし、職場では加湿器を使うなど、保湿を意識した生活を心がけることで、保湿効果がアップします。

 ほうれい線は一般的には徐々に深くなっていくものなので、若いアナタも「まだ20代だし若いから大丈夫」とは考えず、少しのシワやたるみを発見した時には、まず保水と保湿をしておきましょう。念入りに保水と保湿をしてあげると、小さなシワであればほとんど目立たなくすることも可能です。化粧水にヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどが配合されているものを使いしっかり保水・保湿を行うことで、肌に潤いが甦ります。

化粧水を塗っただけでは、肌の水分が蒸発しやすい状態ですから、乳液やクリームを使って、肌に蓋をして蒸発を防いであげるのが良いようです。成分にも気を使うようにして下さい。潤いを望むので、あればヒアルロン酸・コラーゲンなどの成分は、必要ですが、万能薬とも言われるビタミンCもしっかりとるように心がけて下さい。

美容液にも、シワやたるみを改善するのに効果的なものがあるので、こう言うものも使ってみてもいいと思います。ただ価格が少量にも関わらず高価なものが多いので、ほうれい線や小じわの部分にだけ集中的に使うようにしてはどうでしょう。

カテゴリー: ほうれい線 除去コメント(0)

ほうれい線 消す方法

シミ

ほうれい線を消すには、加齢とともに不足してきた自分に、美肌成分を補ってあれることが1番てっとり早い方法と思います。でも、世の中には化粧品が山ほどありますね。CMでイメージを訴えているものや雑誌で取り上げられているものなど、自分に合った化粧品を探すのって本当に難しいと思います。

b-glenは、ブライアン・ケラー博士が皮膚がんの研究から、発見することが出来たシステムを化粧品に応用しました。皮膚がんの薬を患部にすみやかに届けるために開発してきた浸透テクノロジー(QuSome)は、すでに国際特許を取得しているDSS/ドラック・デリバリー・システムというもの。このQuSomeが化粧品に応用されて出来上がったb-glen。美肌成分を真皮の奥で肌が、本当に必要としている場所に届けてくれます。

この化粧品の特徴は、

【①】同じ量のスキンケア製品と比べて、3倍の有効成分が浸透します。

【②】有効成分が真皮や表皮により多く溜まることで、個人差はありますが最大

10倍の美容効果を引き出すことができます。 

【③】浸透後8時間をピークに、最大48時間美肌効果が持続します。

【④】通常のスキンケア商品の1/2の時間で、美肌効果が現れます。

【⑤】皮膚への負担や刺激を1/4に軽減しています。

【⑥】このQuSomeは医薬品にも利用されている安全性と信頼性をもちます。

<たまねぎを想像してください。>

分子構造は、直径100ナノメートル(髪の毛の1/1000のカプセル)の中に水溶性の成分、油溶性の成分が7~10層の玉ねぎのように、重なり合っています。1層1層が、叙々に溶けながらサイズダウンしながら、深層部に浸透していくのです。

角質層→表皮層→真皮層←★肌トラブルの原因は、この真皮層の奥にあります。

読んでいて楽しくなりませんか。まだ使っていないのに、つるつるな自分を想像したりしていますね、きっと。この商品に出会えたアナタはラッキーと思って間違いありません。

リフトアップ手術なら美容整形で、だいたい95万円くらいかかるでしょう。お友達が通うしか方法がなかったヒアルロン酸注射は、早い人で1ヶ月、普通は2~3ヶ月で体内に吸収されてしまうので、1回6~7万もする注射を打ち続けていくことになります。浸透テクノロジー(QuSome)はメスも注射も必要なく、きちんとケアするだけで、若返った美肌を手に入れることができます。勿論、ケア方法もきちんと教えてくれるところも有難い特徴です。

 

カテゴリー: ほうれい線 除去コメント(0)

ほうれい線を消す化粧品
1 / 212