ほうれい線 治し方

美容

ほうれい線だけでなく、笑いじわが元にもどらず深く顔に残るとか、ふと気がつくと眉間の深いシワ、いやだから前髪で隠したり、見ないようにしたり若い頃には思いもつかなかったことで悩みますね。実はこの前、朝起きたら顔に枕のあとがついていて、丹下作善的顔になっていて、化粧が終わって会社にいく電車の中でも作善は消えず、昼まで営業に行く気になりませんでした。これだけ元にもどるのに時間がかかってしまうんですね。年はとりたくないものです。(人は、別に気にしてないとは思いますけどネ。)

 ボトックス注射まで考えてしまう眉間の深いシワの原因はというと、加齢や紫外線の影響で線維芽細胞(せんいがさいぼう)が衰え、コラーゲン線維やエラスチン線維が弾力をなくしたり、断裂するからと言われています。

線維がゆるんで顔全体がユルユルの状態になるのです。パンツのゴムの状態が真皮の奥でおこってるんです。パンツのゴムみたく取り替えることはできませんが、活力を与えることはできます。

前置きが長くなりましたが、塗るボトックスとして有名なargireline(アルジルリン)。頬のたるみやほうれい線のたるみ顔で悩んでいる方は調べたことがあるはずですね。b-glen(ビーグレン)は、このアルジルリンをQuSome(キューソーム)という浸透テクノロジーで、真皮の深層部に届けてくれます。アナタの弛んだ顔も、劇的な変化を感じることができると思います。深層部まで美肌成分が届かなけでば、深いシワの改善は見込めません。

 潤いや保湿ということでしたら、表皮に浸透する成分がたくさん配合されている化粧品を選べばすみますが、化粧品で深いシワやたるみを改善しようと思ったら、真剣に化粧品を選んで、あきらめずにケアを続けてほしいと思います。深層部まで届けば、マッサージで筋力をアップしなくても自然にシワが消えていくのです。できてしまったほうれい線を少しでも薄く、これ以上たるみを悪化させないためにも、b-glenの浸透テクノロジーは、オススメ!

10歳若返った自分を想像しながら、毎日一緒に楽しくケアしていきましょう。

コメント(0)|2012年10月14日12:17 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ほうれい線 治し方